本来、女性は命を育み産むようにデザインされています。

「産婆」をルーツにもつ助産婦は、命を生み出そうとする女性に寄り添い、
女性のもつミラクルともいえる力を発揮すべくサポートすることが役割です。

自然のもつ力…科学の視点がほんの少し、そのことのすごさを教えてくれています。
「愛する能力」と「陣痛」「母乳」の関係です。

春日助産院は1965年に開業し、
ずっと「自然に産もうとすること・母乳で育てようとする」に向き合い、
サポートしてきました。

大地からの叡智に溢れたお産は女性を美しく豊かな存在にし、
子供たちも家族も、
そして社会の幸せ体質を促進していくと信じています。



                    春日助産院 信友智子

                                










  2014 kasuga jyosanin all rights reserved.